がん治療は転移させないことが大切|最先端の医療技術で進行を防ぐ

看護師

ピンポイントで攻撃が可能

病棟

がんの治療方法に、放射線治療がよく行なわれていますが、健康な細胞にまでダメージを与えます。そのため、がん細胞のみをピンポイントで照射するサイバーナイフが多くの病院で行なわれています。しかし、症状によって出来ない場合もあるため、医師と相談しながら治療を進めていきましょう。

詳細へ

定期的に検診が大事

女性

主治医の顔を見に行こう

がんは一度治ったように見えても、転移しやすい病気です。それだけに、再発しないよう注意深く見守ることが大切です。がんを患うと、ステージによって振り分けられる医師や病院が異なります。その時に診てもらった医師が、主治医となります。主治医が決まったら、その医師にとことん相談しましょう。完治の診断を受けた後でも、気になる症状は徹底的に相談すると良いでしょう。また何も気になるところがなくても、定期的に診てもらうことが何よりも重要なのです。定期的な検診は、毎月1回受けるのがベストでしょう。症状が無く元気な場合はおろそかになりがちですが、転移を防ぐためには大切なことです。主治医の顔を見に行くつもりで、足繁く通うようにしましょう。

セカンドオピニオンも有効

実際にがんの転移が分かっても、定期的に診てもらっていればあまり心配は要らないでしょう。初期に発見できる確率が高く、がん細胞が大きくならないうちに除去できるためです。手術だけではなく抗がん剤など薬で治す方法など、治療の選択肢も広がります。また主治医に診てもらうだけではなく、セカンドオピニオンの利用も良いでしょう。主治医の視点だけではなく、他の医師の視点も時には有効です。違う目を持つだけでも、がんを初期段階で見つけやすくなります。最近は医師側も、セカンドオピニオンを推奨する人が増えています。主治医に悪いというような考えは不要でしょう。運悪く転移したがんが初期段階ではなくても、ブレーンが2つあれば選択肢も広がるでしょう。諦めず、前向きに治療法を探しましょう。

病気を治すために

医者

プライマリーセルは人間の本来持つ治癒力を引き出す効果のある細胞です。誰もがもっている内臓における細胞を病気のある部位に対して定着させることによってその効果が発揮されます。プライマリーセルは今後も広がりを見せると言えます。

詳細へ

新種の病原体を検出

男性

私たちの血液中に侵入してきた病原体を特定する方法に免疫沈降があります。今後は、より少量のサンプルからより短時間で結果を得る免疫沈降が開発されると予測されます。より正確な結果を得るためには、複数の種類の抗体を使う、サンプルである血液は事前にきれいにしておくといった工夫が必要です。

詳細へ