がん治療は転移させないことが大切|最先端の医療技術で進行を防ぐ

病棟

ピンポイントで攻撃が可能

病棟

今までに無い放射線治療

サイバーナイフという言葉をお聞きになったことがありますでしょうか。サイバーナイフとは、がん治療に用いる定位置放射線治療装置のことです。そして、これにより今までに無い放射線治療が可能になりました。過去にもがんの放射線治療は行われてきましたが、がん組織にだけ放射線を照射することがとても難しいため、適用できる症例が少なかったのです。しかし、サイバーナイフを使用すれば、がんに対してピンポイントで攻撃が可能になるのです。それも様々な方向から放射線を照射できますから、がん組織を死滅させる効果が非常に高いと言えます。ただし、どうしても治療ができないがんもありますから、サイバーナイフが適用可能かどうかはインターネット等で調べてみる必要があります。

適用可能ながん

サイバーナイフを使ったがん治療のメリットは、皮膚を切開せずに治療ができるところと、通院でも治療が可能なところです。ちなみに、サイバーナイフの適用可能ながんについては、今のところ下記のとおりとなります。まずは頭蓋骨内にできた腫瘍と頭部や頸部にできた腫瘍、そして原発性と転移性を問わず肺がんや肝臓がんとなります。そして、サイバーナイフをこれらのがん治療に用いる場合は、健康保険が使えることになります。現在サイバーナイフは、その他のがん治療にも利用する方向で治療実験等が進んでいますから、今後はさらに多くのがんに対して適用可能になるはずです。実際にサイバーナイフによるがん治療を受ける場合は、サイバーナイフを完備している病院をインターネットで探してみましょう。